一社労士の「芽」

新型コロナウイルス感染症特例による雇用調整助成金の解説動画が公開されました

4月13日(月)に、厚生労働省より、新型コロナウィルス感染症特例として、通常よりも要件が緩和された雇用調整助成金について発表がありました。

元々、新型コロナウィルスの影響を受け業績が急に落ち込んだ事業主には、通常よりも雇用調整助成金の要件が緩和されていましたが、終息の気配がまったく感じられない状況を受けて、緊急対応期間として4月1日から6月30日まで、さらに要件が緩和されることになりました。

助成金というものは、基本的に複雑で一般の方には分かりにくいものですが、注意点があるにしましても、この緊急対応期間の助成金はだいぶシンプルになっているという印象です。提出書類もかなり削減されたとのことです。

私が所属する社会保険労務士会では、つい先日、緊急対応期間の助成金について、概要を説明する動画を出しました。
社会保険労務士はこの分野の専門家ですので、この助成金については最も分かりやすい解説だと思います。動画が公開されてから、私も視聴しました、全体像を掴むのによくできた動画でした。(連合会、底力発揮?(笑))

1本あたりの再生時間も10分前後でちょうど良いですので、特に中小企業事業主の方にぜひ視聴して頂きたいです。

新型コロナウィルスによる雇用関係助成金①制度概要(令和2年4月21日時点)

新型コロナウィルスによる雇用関係助成金②申請(令和2年4月21日時点)

新型コロナウィルスによる雇用関係助成金③教育訓練加算(令和2年4月21日時点)

コメント

    • 山田幸子
    • 2020年 5月 01日

    ホームぺージにたどり着けば、ありました。🙏

      • lpcnozomi
      • 2020年 5月 01日

      おおよそ、どんな助成金なのか、シンプルな内容ですが、多くの方が知りたい基本的なことを解説しているので、なかなか良い動画だと思います。
      連合会、良い仕事してますよね(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP